FC2ブログ
     2018 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2018 11

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

汽車土瓶

遅い時間になったけど、一応俺も仮プレ上げとく。
何かあったら教室の方で指摘してもらえればー。
とりあえずガチ前衛タイプとして、頑張りたいところ。

寒い所為もあるのか、プレを書いてたらお茶が飲みたくなってきた。
あー、煎餅か蜜柑と一緒に緑茶が飲みたい…。


キシャドビーン…何か、色んな意味で素敵な鳴き声だよね
…ところで、何故ボウリングに辿り着いたんだろうか
気になって昼も眠れないよ

■戦闘
俺は前衛で壁として行動
戦闘開始と同時に虎紋覚醒しながらキシャドビーンに向かう
以降、回復は必殺技が発動するまではHP3/2を切ったら
発動後は防具HPを割ったら霧影分身術>虎紋覚醒で使用

基本はキシャドビーンの前に。ピンも引き付けられるのなら引き付ける
「出来ることなら、お前の淹れたお茶をのんびり飲んでみたかった所だけどね」
攻撃対象はキシャドビーン。ピンは他の仲間に任せる
(ピンの減りが悪いと判断した時のみ水刃手裏剣で加勢)
アビは基本爆水掌。ピンが邪魔で前に進めない時は水刃手裏剣
「強くなる為じゃなくて、美味いお茶を淹れる為、でしょ?」
しっかりとした存在意義があるなら、忘れちゃいけないよ

キシャドビーンが後衛に向かいそうであれば、回りこんで攻撃
他の前衛の体力が厳しく、自分の体力が自己回復基準から見ても
余裕があると判断した時はカバーに入る
「無視してもらっちゃ困るなー」

■百目鬼
虎紋覚醒で回復、強化し直してから体育館へ
以降の回復は必殺技発動後の基準と同じく
前衛に立ち、残りのアビをぶつける

確かに昭和の物だけに限らず、古めかしい物や和物は風情があって俺も好きだ
けど、同情できるのはそれだけ
こんなことされちゃ味もへったくれも無いってモンだよ

■補足
常に無表情で、声が平坦。感嘆符ほぼ不使用

| 教室 | comments:0 | TOP↑

COMMENT









湊のみに公開する

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。